ソーラーローンの審査基準とは?

ソーラーローンの審査基準とは?とは一体何か。今注目の太陽光発電を導入するための新しいローン「ソーラーローン」について詳しく解説します。

ソーラーローンの審査基準って何?

ソーラーローンを提供しているのは、銀行が多いので ソーラーローンの審査基準は、その銀行の審査基準と 同じような審査基準と言えるでしょう。

ソーラーローンの審査基準の種類

審査項目は、契約者の雇用形態、勤続年数、年収 居住年数、居住形態、年齢などで審査します。

ソーラーローンの審査基準1【雇用形態、勤続年数】

やはり、雇用形態は正社員であり、勤務年数が長く、 特に安定した収入があるということが重要だといえます。

そして、電話番号は無い場合かなりのマイナス評価なるようです。 携帯電話の電話番号でも問題は無いようですが、 やはり、加入権の購入や設置の際に必ず住所が必要になる 固定電話のほうが高い評価が得られやすいようです。

雇用形態については、取締役や役員など正社員であり なおかつ地位の高い職位に就いている方が高評価です。 勤続年数についてですが、もちろん長ければ長いほど、 高評価なのですが、最低でも3年は同じ会社で 勤務している必要があります。

年収についてですが、もちろん高収入にこしたことはありません。 しかし重要なのは、安定した収入があるかどうかです。 年収は限度額設定や信用取引の度合いを 図ることなどの目安となっております。

ソーラーローンの審査基準2【居住年数】

そして居住年数ですが、こちらも勤続年数と同様に 居住年数は長いほうが高評価が得られます。 連絡不能になる確率の低い人ということで高評価です。

移転を繰り返す人も場合は、追跡することも困難ですので 貸したお金が返済されずに持ったまま追跡できなくなる ということも考えられますので、比較的に評価は 低くなると言えるでしょう。

ソーラーローンの審査基準3【居住形態】

居住形態は、持ち家が最も高い評価となります。 官舎、社宅、公営住宅、寮、賃貸、下宿などのように なかなか移転できないような住宅に住んでいる場合は、 安定感がありますので、高評価となるようです。 持ち家の場合、名義も本人名義であると更に高評価が 得られるようです。

ソーラーローンの審査基準4【その他】

年齢は20後半から30代が一番高評価が得られるようです。 若い場合、収入が低いと判断され、高齢の場合は 病気など万が一返済が困難となったときのこともあり あまりいい評価が得られないようです。

金融機関によりますが、このような審査基準で審査されると 思いますので、自分が高評価を得られる状況にあるかどうか 申請する前に一度確かめてみてください。



PR





ページのトップへ戻る