ソーラーローンは金利が優遇される?

ソーラーローンは金利が優遇される?とは一体何か。今注目の太陽光発電を導入するための新しいローン「ソーラーローン」について詳しく解説します。

ソーラーローンの金利は安い?高い?

ソーラーローンとは、太陽光発電システムに手が 出せなかった人にも利用できるように、家計の負担を 減らすためのローンですので金利が高ければ誰も利用しません。

太陽光発電システムを取り付けの際に、国や地方自治体などから 補助金が出るほどなので、金利面でも優遇されているのです。

以上から、ソーラーローンの金利はずばり「安い」と言えるのです。

ソーラーローンの金利は「安い」

もし、金融機関で普通のローンを組む場合 金利は4〜18%(金融機関により最低7,7%のとこともあります)ほどなのに対し ソーラーローンは3%前後と、とても低金利になっています。

ソーラーローンの金利が3%以下になった時、金利7,7%の会社と比べると 金利がおよそ2倍も違うのです。

ソーラーローンの金利の種類

ソーラーローンの金利には主に3タイプあります。

まず、契約から完済時まで、ローン契約時の金利 で全金利を固定する固定型があります。 低金利期間で契約すると3%以下になる場合もあり 金利面で特をするというメリットがあります。

金利の上昇にも影響されませんので安心して利用することができます。

一定期間だけ金利を固定し、固定期間が終わったら 金利を変動型か固定型か選ぶタイプを固定期間選択型、 一般の金利に基づいて金利が変動する変動型もあります。

変動型の場合予期せぬ変動をする場合がありますので、 元金がなかなか減らない場合がありますが、 固定型だと固定された3%前後という年利で利用できるので 金融機関などの普通のローンなどに比べれば ソーラーローンの金利は安いといえるでしょう。



PR





ページのトップへ戻る