ソーラーローンのデメリットとは

ソーラーローンのデメリットとはとは一体何か。今注目の太陽光発電を導入するための新しいローン「ソーラーローン」について詳しく解説します。

ソーラーローンのデメリット1【金利の問題】

まず、ローンを組むことで、金利を負担しなければなりません。 ソーラーローンは、利用目的のはっきりしないカードローンと違い、 太陽光発電システムの導入費用と言った利用目的が はっきりしている、そして国から普及を進められているという ことから金利面では優遇されているのですが、 3%前後の低金利だとしても、金利の合計額はかなりのものになるでしょう。

銀行などが提供しているソーラーローンは、 ほとんどが金利は固定型だと思いますが、もし、変動型で 組んでいる場合は、思わぬところで金利が上昇するという 可能性もあり、毎月の返済額が増えてしまいます。

ソーラーローンのデメリット2【審査の問題】

そして、誰もがローンの最長期間である15年で 借りられるというわけではありません。 ローンの契約を開始した年齢によります。 15年とはローンを組める最大限の期間ですので誰もが15年で 借りることができるというわけではありません。

そして、もし15年間借りられたとしても、 毎月の返済額は低く、返済は楽かもしれませんが、 その分、5年や10年でローンを組んでいる人よりも 多く金利を払うことになります。 金利自体は、何年のローンかで変わるわけではありませんが、 借りる期間が長ければ長いほど、毎年金利がプラスされますので 金利の合計額が多くなってしまいます。

ソーラーローンのデメリット3【差額の問題】

ソーラーローンを組まずに太陽光発電システムを導入する場合は 最初に導入費用を200〜300万円支払わなければなりませんが、 金利がもちろん加算されないため、導入費用だけで済みます。 ソーラーローンを組むと、最初に巨額の費用を 払うこと無く少しづつ返済すればいいので、 一見メリットが多く思われますが、返済額の 合計を見ると、金利の分がかなりの額になっていることがわかります。



PR





ページのトップへ戻る